【RYT200合宿レポート4日目】108回太陽礼拝マラで祈る

NEWS

【RYT200合宿レポート4日目】108回太陽礼拝マラで祈る

2018年、あけましておめでとうございます
2017年は、皆様にとってどんな年だったでしょうか?
ケイシーにとっては、海外のお仕事が舞い込んだり、イベントが続いたり、大切な方との出会いがあったりととても変化の多い一年でした
昨年の今頃は、まさか2018年をここインドネシバリ島ウブドで迎えるなんて全く予想だにしませんでしたが
この場所、この時に美しい神々の島バリでヨガを愛する皆様と一緒に年越しができたことを嬉しく思っています
主催の方の粋な計らいで、年越しそばを食べたり花火をしたり。そして翌朝にはなんと、お雑煮まで出していただき本当に至れり尽くせりの年越しでした。
今回、52名のティーチャートレーニングに集まった皆様のために私達6名のサポータからでたアイデア。
「108回太陽礼拝」
108は神秘数とも言われ、よく日本では108の煩悩を人は持って生まれ、1年に108個の煩悩を感じていると言われたりします。
108個の煩悩をそぎ落とし、新しい1年のスタートを切るための太陽礼拝イベントを、サポーターのアイデアで自主的に開催させていただきました
6人のサポーターが真ん中に円をかき、お香を焚きティーチャーを含めた皆の願い事が描かれた紙を捧げながら行います。
108回という数はとんでもない旅路に思えるのですが、不思議と皆の呼吸と動きが合わさり、ハーモニーを感じる間は全く苦しさを感じないのです
改めて、エネルギーって存在するんだなあと思いました。
マラ瞑想は、この世界に生きるすべての生命に平安と幸福、愛を願う瞑想です
太陽礼拝が108回終わった後、静かなバイブレーションの中でマラの祈りが心の中に響きました。
私達が、愛で満たされますように。
私達の家族が、愛で満たされますように。
私達の苦手な人も、愛で満たされますように。
私達生命のすべてが、愛で満たされますように。
カテゴリーNEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です