【RYT200合宿レポート6日目】解剖学ナイト

NEWS

【RYT200合宿レポート6日目】解剖学ナイト

RYT200ヨガインストラクター養成講座合宿レポート6日目。今日の夜は、多くの方がお待ちかねの解剖学の講座でした。
ヨガを何の為にするのか、関節と筋肉の意味は?そもそもな部分に焦点をあてて、基本的な知識からヨガのアーサナで実際につかえる知識まで、Fiska先生の指導のもとレクチャは進みます。
「私も最初は解剖学なんて退屈で、なんのためにあるかなんて理解できなかったわ」
先生はおっしゃいます。
「でも、そのうち気づいたの。解剖学を勉強することによって、生徒を怪我から守ることもできるし、そしてなによりもポーズの効果や、間違ったポーズの原因をくわしく突き止めることができるのよ」
そんな彼女のレクチャは、笑いや実際のヨガポーズもありながらの3時間でした。
さて、明日の目玉はいよいよヨガの先生としてどうあるべきなのか!講師倫理のお話しです
カテゴリーNEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です